デジタルマーケティング

あるゆる産業にデジタル化の波が押し寄せ、既存のビジネスを破壊する「デジタル・ディスラプト」が各所で起こっている。シリコンバレーで最も有名なキャピタリストである、マーク・アンドリーセンが、2011年に語った『Why Software Is Eating The World』は現実のものとなり、今後もインターネットをはじめとする様々なテクノロジーが、このデジタル・ディスラプトを推し進めていくだろう。

この様にデジタル化された社会では、Webを中心としたインターネット上で顧客ユーザーを集める技術・スキルは一層重要になってきており、広告業界も、大きな変化を迫られている。広告媒体が四マスを中心としたアナログメディアから、デジタルメディアに移動したのみならず、アドテクノロジーの発達により、これまで人の手を介して行われてきた広告配信が自動化され、より精密にターゲティングできる効果的な広告商材が、数多く開発されてきたのだ。 まさにジャイアント・キリングのチャンスが数多く残された世界である。