HRTech

需要と供給のミスマッチ。この現象が顕著に現れるのが人材業界だ。インターネットは情報の非対称性を埋め合わせることで、このミスマッチを解消する力に長けている。しかも低コストでだ。そのため様々な職能・職域で人材サービスが登場している。

また、企業で働くヒトは、より科学的に分析されつつある。HRTechは、個人の属性や、思考・行動特性、従業員同士の関係性、職場でのパフォーマンスを分析することで、より効率的で効果的な人材の活用を目指す新たな潮流だ。こういった人にまつわる技術は教育領域にも伝播している。これまで大衆に向けて画一的なコンテンツを提供してきた教育は、個人ごとに最適化された。さらにインターネットに接続された教育コンテンツは、いつでも、どこでも享受できるようになった。テクノロジーが人と教育のあり方を変え、人間の可能性をより大きく開花させようとしているのだ。