アドバイザーインタビュー(志村)

志村 麻美
スローガンアドバイザリー株式会社
代表取締役

2001年早稲田大学法学部卒業。同年株式会社インテリジェンス入社。人材紹介事業部においてキャリアアドバイザーとして転職支援に携わる。2006年に株式会社I&Gパートナーズ(現株式会社アトラエ)に参画。Greenの立ち上げに携わるとともに、同社人材紹介事業部を牽引。2011年にこれまでの経験を活かし、独立。株式会社シンクセレクトを設立。クライアントは主にIT、ネット系ベンチャー企業。これまで15年以上にわたり人材紹介事業に携わってきた結果として、転職相談者数は累計5000名を超える。2016年10月、長くパートナーとして外部から一緒に仕事をする中で、その考えに共感をしたスローガングループへの参画を決め、スローガンアドバイザリー株式会社代表取締役に就任。


得意領域、アピールポイントはどこですか

2001年にこの仕事を始め、16年に亘り続けてきたことだと思っています。特にこの10年間はアーリーフェーズにあるベンチャー企業様とその中で活躍を願う方のご支援に務めてまいりました。誰を採用したかで企業は変わり、その企業の成長の過程で個人は大きな飛躍を遂げます。企業、個人ともに長くお付き合いをさせて頂いてきたからこそ、見ることができた姿があると思っています。よくある言葉ですが、転職はゴールではなく、始まりであり、未来に向けての一歩です。だからこそ、多くの実例を知った上でお話しできることが、より良い支援につながると自負しております。


休日の過ごし方について教えてください

今、一歳の子供がいます。平日は仕事が忙しく、なかなかゆっくりと向き合うことができませんが、その分、休日には一緒になって思いっきり遊ぶようにしています。最近は追いかけるのもやっと…という感じですが、昨日できなかったことが今日できるようになる、そんな小さな成長の連続に驚くばかりです。また子供の無邪気な笑顔を見ていて、より一層これからの社会を良くするような素敵な企業が増えてほしい、そのお手伝いをしたいと心から願うようになりました。子供の存在が仕事への大きなエネルギーになっています。


候補者の皆様に向けて一言お願いします

今「キャリア」に対する考え方が大きく変化しています。勤め上げることができる企業を探すのではなく、どこにいても通用する力を身につけることが必要となりました。まさに自らの未来を自らで切り開く時代となり、「今」の可能性を知り、意志を持って選択をすることがより意味を持つようになりました。しかし、膨大な情報の中で、選択をすることが難しいという声を耳にします。ただそれは現職の仕事に日々邁進している方にとって当然のことです。だからこそ私たちの存在の意味があります。システマチックなマッチングに留まらず、ご経験はもちろん、ご志向も含めてお伺いいたします。また企業の内情を理解しているからこそ、お伝えできることもあります。短期的なご転職はもちろん、中長期でお考えの方もお気軽にご相談ください。