アドバイザーインタビュー(朝比奈)

朝比奈 静香
スローガンアドバイザリー株式会社
アドバイザー

法政大学在学中は、持てる時間の全てを中古書籍チェーン店での勤務に費やし、現場マネジメントを担当。組織が生み出す価値最大化の為、人材の成長環境の重要性を痛感する。とりわけ新人教育には心にしこりを残して、卒業後はITスタートアップベンチャーに新卒1期生として入社。道なき道を全速力で突き進むものの、そんな日々に限界を感じて退職。その後、IT企業での事務を経て、大手リユース企業へ入社。販売業務と新人育成に従事するも、大手企業・ベンチャー両社の経験から、「若者の圧倒的な成長環境はベンチャーにあり」と確信。優れた才能を新産業の成長領域へ供給し、若者に成長と活躍の場を提供することで、地盤沈下した日本の産業構造の再構築に貢献するスローガンの事業に惹かれ、入社する。


仕事において大切にしていることはなんですか

お人柄や、大切にされている価値観を含めてフィット感を持って頂けるような環境にお繋ぎすることです。転職活動時は、仕事内容や年収もポイントの一つかと思いますが、入社後は日々の生活が大きく変わります。実際には、仕事や待遇のみならず、事業へのスタンスや企業文化といった環境も継続的に働いていく上では大切な要素です。私自身、ベンチャー・大手企業を経験し、ベンチャーに戻ってまいりましたので環境の違いを肌で感じておりますし、またベンチャーの中でも様々です。一人ひとりにフィットした環境へとお繋ぎすることで、皆様の挑戦を応援したいと思っています。


休日の過ごし方について

美術館の企画展を観に行ったり、鎌倉にある神社やお寺を散歩したりしています。長い年月を経た建物や季節毎に咲く花、一風変わったテーマで集められた美術作品を見ていると、忙しない日常生活から離れ、ふと立ち止まって、長期的な観点での自分の現在地に気付き、凝り固まった自分の視点に新たな切り口を得ることもあります。また同時に、肩も凝る事が多いのでマッサージやスパで心身ともにリフレッシュしています。


候補者の方に向けて一言

もしご活動の際には、一人ひとりに親身に寄り添った「安心感」を第一に全力でサポートさせて頂きます。新卒の就職活動とは異なり、転職は必ずしも必要な事ではありません。だからこそ、ご自身の意思を強く問われますし、その中で時には孤独や心細さを感じられる事もあるかと思います。そんな時、不安や迷いを受け止めながら、「何をなしたいのか」「どんなご自身を目指したいのか」にともに立ち返って、その実現に向けた次のキャリアにお繋ぎ出来るよう、二人三脚で歩んで行ければと思っています。