ガイアックス

Empowering the people to connect ~人と人をつなげる~

厳選企業をもっと見る
この企業に興味がある

事業戦略 時代のニーズに合わせて、リスクを承知で戦略的事業を創造する

ガイアックスは、平均年齢約31歳の若い組織ながら、国内外での幅広い事業提携や、大手企業との新規事業立ち上げなど、インターネットの先端分野において積極的な事業展開を推し進めています。「人と人をつなげる」をビジョンに掲げ、企業向けSNSをはじめとするコミュニティサービスの提供やコンサルティングを中心に、適切なリスクを恐れないアントレプレナーシップとビジネスマインドで、時代のニーズに合わせて戦略的に事業を創造しています。時代のニーズをビジネスで実現するビジョナリーな人材、すなわち今の「当たり前」に疑問を持てる、自分自身であるべき理想の社会を描きその実現を信じ続ける力がある、そういった人材が集い、ビジネスを展開しているリーディングベンチャーです。

人材の育成・輩出 ルーティンは存在しない。新事業立ち上げから創業支援まで行う事業家輩出企業

「つまらない仕事」「単純なルーティンワーク」をやる人間はおらず、常に最先端のサービスを企画設計し、社会全体に広めるようなジャンルを選択し事業を創りだしています。「市場が創造された分野」ではなく、まさに業界の最先端分野で、ルールや成功事例が明確ではないところで次々とビジネスにチャンレンジしています。またガイアックスでは、設立以来多くの新規事業が立ち上がり、多くの新会社が生まれ、多くの社長が生まれています。実際、20代の事業部長、戦略子会社の社長が生まれてきた実績があります。さらに独立の際には、ガイアックスからの資本参加により創業支援を行うなど、事業家輩出を積極的に行っています。

経営力を高める仕組み アントレプレナーシップを育み、ビジネスパーソンとしての成長を促す

ガイアックスを率いるのは、24歳で起業し30歳で上場を果たした代表執行役社長・上田氏。アントレプレナーシップを育む文化が根付いているガイアックスでは、社員の成長を促す様々な制度を実施しています。一例としては、ガイアックスを親会社としながら事業チームが企業として独立し、メンバーが経営のすべてを担うグロースオプション制度や、採択されたら必ず予算がついて実行される社内新規事業コンテスト(クロススタートアップ制度)などです。更に、各事業の予算・結果・業績予測の数値による経営管理にリアルタイムで全ての社員がアクセスできるしくみ(Budget Result Forecast=BRF)を構築しており、社員が常に経営者視点を持って自ら決断できる力が身につく様になっています。

企業詳細情報

会社名
株式会社ガイアックス
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
募集職種
・事業責任者候補(シェアリングエコノミー事業立ち上げコアメンバー)
・セールス(オウンドメディアを活用したマーケティング支援の営業)
・Webディレクター
・Webエンジニア
・その他(起業家輩出・シェアリングエコノミーの牽引企業を創る人事責任者)
社員数
127名(2015年7月現在)
平均年齢
従業員年齢 平均31.7歳(2014年10月現在)
経営理念・ビジョン
社会を構成する様々なメカニズムを動かす主導権は、今後ますます企業から生活者へ移っていくことだと思われます。

そのような中、デジタルコミュニティによって時間と空間を越えて目的意識や問題意識を共有する地球市民の自発的活動が有機的に連鎖、拡大していくことが予測されます。生活者が、一方通行であるメディアから流れてくる情報に動かされず、自己・自他の持つ情報や価値を重要視し、コミュニティでシェアすることに喜びを発見しています。株主・企業・従業員・顧客などの明確な境界線がなくなり、すべての人の生の声を受け止め、対話することがますます重要になってくるのではないかと思っています。

ガイアックスは、人と人をつなげることを使命とし、人々の対話を促進してまいります。
価値観・求める人物像
ガイアックスが次世代のビジネスを一緒に創っていきたいと考える人材像は、次のような能力を持った方々です。
・起業家精神”Entrepreneurship”-自ら責任を取り自分の道を切り開く力
・論理的思考-アイディアを事業化し「次世代のビジネス」を創る力
・対人感受性-ビジョンを共有し協力体制を創る力
事業内容
◆企業向けコミュニティ事業
人事業務の効率化/コミュニケーション促進を実現する「エアリーフレッシャーズ」など、企業内のコミュニケーションを活性化するために社内SNS、社内ソーシャルメディアを提供。

◆オウンドメディアマーケティング事業
ソーシャルメディアとオウンドメディアを活用した顧客と直接的な関係性を築くマーケティングの支援として、企業と顧客をつなげるオウンドメディアの企画設計、サイト開発、サイト運用まで、全てのフェーズをワンストップで提供。

◆ソーシャルメディアマーケティング事業
Facebook、Twitter、LINE、InstagramなどのSNSを活用し、マーケティング・プロモーション・ブランディングなどの企業支援を行うSNSマーケティング支援サービスの提供。

◆シェアリングエコノミー事業(TABICA事業)
「地域の暮らしを旅する」をコンセプトに、その地域ならではの旅を提供する旅のプラットフォーム「TABICA」を提供。地方創世生は日本の重要課題を解決するサービス。
経営者プロフィール
代表執行役社長 上田 祐司

1997年に「起業家輩出機関」を標榜し、独立支援の業務を特徴とした株式会社ベンチャー・リンクに入社。その後、同期であった小方麻貴(前取締役)と出会い、1年半で同社を退社。小方と共に1999年3月に有限会社ガイアックスを設立する。同年5月に株式会社へと組織変更し、代表取締役社長(現・代表執行役社長CEO)に就任。同志社大学経済学部卒。

CATEGORY