グリッド

人工知能のアルゴリズムを産学連携で開発し、生活インフラの問題を解決するテクノロジーベンチャー

厳選企業をもっと見る
この企業に興味がある

成長領域での存在感 人工知能のアルゴリズムを産学連携で開発できる稀有な技術力

近年、その応用範囲が広がり、人々の生活にとって身近な存在となっている人工知能(Artificial Intelligence=AI)。特に人工知能の革命とも称されるディープラーニングによって、これまで以上に高度な問題解決が可能となり、今後の社会変革に貢献することが期待されています。ところが、そのアルゴリズムを独自に開発できる技術力を持った日本企業は非常に少ないのが現状です。グリッドでは、自社のアルゴリズム開発者が東京大学や電気通信大学と協力し、人工知能・機会学習のプラットフォームをゼロから開発してきました。他の追随を許さない稀有なAI技術を武器に、グリッドにしかできない社会のイノベーションを起こしていきます。

事業の優位性 高度なAI技術で「生活インフラ」の問題をグローバルに解決

グリッドの高いAI技術は、発電所の電力量予測、製造装置の故障予測・製品の品質予測、渋滞の発生予測など、さまざまな「生活インフラ」の課題を解決しています。また、気象情報や交通網といった日常に密着した分野においても、蓄積されたビッグデータを分析・予測計算し、「未来の可能性」を情報として提供することで、人々の生活に新たな選択肢を提示しています。グリッドが目指しているのは、未来の社会インフラへの貢献です。その試みは日本国内のみならず世界各国に向けて打ち出しており、既にインドネシアにジャカルタオフィスを開設し、積極的に事業を展開しています。

先進的な活動 技術のオープンソース化など、世界のイノベーションにも貢献

グリッドは企業の社会的責任にも高邁な意識を持っており、自社の利益を追求するだけでなく、広い意味で人々の暮らしや営み「LIFE」を豊かにすることを考えています。その第一歩として今後、人工知能・ディープラーニングのプラットフォームのオープンソース化を進める計画があり、カリフォルニア大学バークレー校のBVLCが開発したCaffeや、Googleが解放しているTensorFlowなどと肩を並べ、世界のオープンイノベーションにも貢献していきます。

企業詳細情報

会社名
株式会社グリッド
(英語表記:GRID inc)
所在地
〒107-0061
東京都港区北青山3-11-7 Aoビル6階
社員数
27名
平均年齢
32歳
経営理念・ビジョン
「インフ ライフ イノベーション」
現代社会で、ますます重要な役割を担う「インフラ」=エネルギー、通信、交通のシステムにイノベーションを起こしていくことで、人々の暮らしや営み「LIFE」を幸せにしていきます。
価値観・求める人物像
●新しいことにどんどんチャレンジしたい方
●社会に対して新しい選択肢、これまでにないものをつくりたい方
●人々の生活を豊かにしていきたいと本気で考えている方
●いろいろな難題を超えることにワクワクする方
●いろいろな専門家や企業を巻き込んで、グリッドの目指すゴールや自分の夢を実現したい方
●海外での事業にチャレンジしたい方
事業内容
●都市インフラソリューションのシステム開発・製造・販売
●太陽光発電システムの開発・製造・販売
●自然エネルギーを利用した発電所の開発・発電事業
●各種未来予測システムの開発・販売
●天候予測システムの開発・販売
経営者プロフィール
代表取締役社長 中村秀樹
1971年生まれ。一級建築士。大学で建築を学ぶ傍ら、バックパッカーで国内・海外の都市や街を歩き周る。その中で阪神大震災が起き、被災者ながらさまざまなボランティア活動に参加し、あらためて現代社会におけるインフラやコミュニティの大切さを肌で感じる。
その経験を通して、建築デザインからインフラデザインへ志向が変わり、重電関連会社に就職、大小さまざまなプロジェクトに関わる。その後、建築・不動産会社に転職、環境共生型建築開発から電気・ガスなどのインフラ会社との共同事業、新会社設立、子供職業体験施設開発などに関わる。
2009年GRIDの創業メンバーとして、太陽光事業をきっかけに人々の生活を幸せにする事業を世の中に創出していきたいと考え、国内・海外で日々活動中。

CATEGORY