レノバ

再生可能エネルギー領域の事業開発を次々に実現する異能集団

厳選企業をもっと見る
この企業に興味がある

事業の優位性 社会的ニーズの高まる再生可能エネルギー事業開発の先駆者

人口爆発や気候変動といったマクロな動向を背景に、資源・エネルギーにまつわる問題はすでにグローバルな社会課題と化しています。この領域に2000年という早期に参入した先駆者 であり、業界内外からエキスパート集団として認知されているのがレノバです。同社は“環境問題の解決”をミッションに、長年蓄積してきたノウハウを応用して大手総合商社やメーカー、官公庁の新規事業立ち上げ、海外市場参入支援といったプロジェクトをおよそ1000件実施。さらに自身も事業会社として、国内7箇所でのメガソーラー(大規模太陽光発電)を開発・運営し、近年ではバイオマス発電・風力発電・地熱発電等の再生可能エネルギー分野という、社会的ニーズは強いものの、難易度が高く時間のかかる領域に、長期的な視点を持って取り組んでいる企業です。

優秀な人材 多様なビジネス背景を持つエキスパートが集まる少数精鋭集団

資源・エネルギーといった環境問題を解決するインパクトの大きなビジネスを行うにも関わらず、その規模は単体でわずか70名程度。外資系コンサルティングファームや金融機関、大手シンクタンク出身といった、各分野のプロフェッショナルが集う少数精鋭集団です。その規模感ゆえに、同社ではフィジビリティスタディから事業計画の策定、ファイナンス、大手メーカーとの共同設計など、通常ではありえない濃密な経験を一貫して積み、タフなマネジメント能力を身につけることもできます。Webやデジタルでないリアルビジネスに身を投じ、事業を自分の手で推進しながら社会課題を解決していくエキサイティングな環境が用意されています。

グローバル 環境を“ReNew”する~アジアNo.1の環境事業開発集団を目指す

社名のRENOVAは、「ReNew」を意味するラテン語がその由来。21世紀最大のグローバル課題のひとつである環境問題に対して、あらゆる事業開発を行なうことで再生可能社会を実現しようとしています。一貫して環境事業に集中し続け、すでに日本でトップクラスの実績を持つ同社の次なる舞台は、アジアです。そのノウハウをアジア規模で形にしていくフェーズを迎えています。

企業詳細情報

会社名
株式会社レノバ
所在地
東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27F (受付)・18F
募集職種
・新エネルギー事業部【事業開発担当】
・経営企画室【経営企画担当】
社員数
社員数72名 (2016年9月現在)
平均年齢
39歳
経営理念・ビジョン
社名のレノバは、ラテン語で『ReNew』を意味し、このReNewという言葉には、企業理念として我々のさまざまな思いが込められています。環境問題は21世紀に生きる我々にとって最大の難題であり、安全から、安心、そして心地よさへと、豊かさを求める人の飽くなき環境への期待値をビジネス機会とするためには、人々が望むものを実現していかなければなりません。

新視点で今の社会システムを見直すこと
新たな仕組みを発想し、広めていくこと
技術革新を後押しし、仕組みの導入をリードすること

『想像』から『創造』へ、いかに一歩を踏み出すのか?

レノバは環境新分野の第一人者として社内外を巻き込み、社会を『ReNew』する事業を進め、目標として掲げるアジアNo.1の環境事業開発集団を目指す仲間を募集しています。
価値観・求める人物像
我々の特徴はシンプルです。事業ドメインが環境であること。他のことはやりません。そして、問題解決のために、事業開発というアプローチを取っていること。自らが問題解決の主体となりたいと思います。
組織は“プロフェッショナル”、“フラット”、“ワイワイ”。事業開発は多分野にまたがる知見が求められ、各分野のプロフェッショナルが揃っています。個々が尊重され、大きな裁量が任せられます。また、チームで事にあたることから、オンもオフもワイワイしています。

こうしたことから、レノバにおいては、下記のようなことができる人材を理想としています。
●理念共感:理念に共感し、心地よい環境づくりに全力を傾けることができる人
●創発力:新しいものを創造または発明し、世の中に発信できる人
●具現化力:アイデアや考えを現実に落とし込める人
●嗅覚:ビジネスの勘所を押さえている人
●率いる力:自ら率先して物事に取り組み、軽いフットワークでリードしていける人
●巻込む力:社内外を巻込み、事業推進に必要なリソースを確保できる人
事業内容
レノバは、メガソーラーを初めとした再生可能エネルギー事業開発会社として以下の事業に取り組んでいます。

*各種再生可能エネルギー発電事業の企画、開発、および運営
・メガソーラー発電
・バイオマス発電
・陸上風力および洋上風力発電
・地熱発電
経営者プロフィール
木南 陽介
株式会社レノバ 代表取締役社長CEO

京都大学総合人間学部人間学科卒業(主専攻:環境政策論、副専攻:物質環境論)。在学中、有限会社メディアマックスジャパンを設立、代表取締役に就任。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンを経て、2000年5月株式会社レノバ(旧社名:株式会社リサイクルワン)を設立、代表取締役社長CEOに就任。

CATEGORY