モバイル決済とは何か? 3つの種類とその特徴




 

モバイル決済とは、スマートフォンなど消費者向けに提供されているモバイル端末を利用した決済の総称を指します。

 

ダウンロード (1)

現状、上の図にあるような専用機械を使ってクレジットカードの決済を行っていますね。しかしこのやり方は企業・消費者双方にデメリットがあります。

  • 企業:システムの導入・運用とその維持費がかかる。
  • 消費者:現金よりは楽だけど手間がかかる。もっと楽に決済したい

こうした状況を踏まえて、消費者が持っている、スマートフォンなどのモバイル端末を利用して簡単に決済を済ませようという流れが強まって来たのです。あまり知られていませんが、実はこのモバイル決済には大きく分けて3つの種類があります。

今回は、そうしたモバイル決済に関して知っているようで知らない事を分かりやすく解説したいと思います。読み終わった時には、モバイル決済ついての理解がきちんとできている状態になっていると思いますので、是非目を通してみてください。

 

皆さまのご参考になれば幸いです。では見ていきましょう!

 

1.3種類のモバイル決済

プレゼンテーション1

上の図を見ていただければわかる通り、モバイル決済には3つの種類があります。

  1. モバイルPOS決済
  2. スマホアプリ決済
  3. モバイルFelica/NFC決済

 

それぞれの決済がどのような特徴を持っているのか具体的に見ていきます。

 

 1-1.モバイルPOS決済

 

これは企業が所有する市販のスマートフォンやタブレットをPOS端末として利用する決済方法です。

 

皆さんも一度はiPadやタブレットなどをレジのPOS代わりにしている店舗を見た事があるのではないでしょうか。こうした端末を使ってカード決済をすることをモバイルPOS決済というのです。

 

クレジットカードを使う時には、以下のようなクレジットカード専用のリーダーを端末に取り付けて、消費者のカードをスワイプさせて決済をします。

ダウンロード

代表的な企業にはSquare、Paypal、楽天スマートペイ、Coineyなどがありますね。

プレゼンテーション2

モバイルPOS決済はクレジットカード利用をさらに増加させる可能性がありますが、磁器クレジットカードの不正利用の多発する諸外国では、クレジットカードからシフトする動きもあるようです。そこで重要視されたのが、スマホアプリ決済モバイルFelica/NFC決済です。

 

 1-2.スマホアプリ決済

 

スマホアプリ決済とは消費者にインストールしてもらったスマホアプリ上にコード化した会員IDを表示させ、そのコードをPOSのバーコードリーダーで読み取らせて決済する方法です。

 

企業は顧客が会員情報として登録したクレジットカードや銀行口座から引き落としを行う事で決済を完了させます。

これに関してはGMO PAYMENT GATEWAYが行うPalletやPayPal Here、スターバックスのアプリなどのサービスが有名です。

プレゼンテーション3

またBluetoothなどを使って店舗内の専用端末と通信させることで決済を済ませるタイプのものもあるようです。

 

1-3.モバイルFeliCa/NFC決済

 

これは非接触ICカードで利用されている近距離無線通信技術のFeliCaやNFCを利用した決済です。要はおサイフケータイですね(ちなみにおサイフケータイはFeliCaです)

images

消費者はFeliCaやNFCを搭載したモバイル端末と決済端末、POSにタッチして決済を行います。タッチの際にカード情報や電子マネーデータ番号が伝達されるようになっています。

 

FeliCaは日本国内での電子取引の事実的な基準となっていますがNFCはモバイル決済用のインターフェースとして採用されている国際標準となっています。

 

2.モバイルアプリ決済とモバイルFelica/NFC決済の違い

 

この表を見ていただければデメリットとメリットがお分かりになるかと思います。

プレゼンテーション4

 

スマホアプリはユーザーがそのアプリを開くことによる面倒臭さがそこにはあります

Felica/NFC決済ではそのような事はありません。しかし条件が多いものが多いです。現状日本国内であればFeliCaが使い勝手がいいですが、グローバル化に伴いNFCに移行する事が見込まれています。

 

3.NFC普及の事例-Appleの「Apple Pay」

images (2)

これは2014年10月にスタートしたiPhone6、6S用のモバイルNFC決済サービスです。登録方法と課金方法に大きな特徴があります

 

登録の段階で顧客が行う操作はプラスチックカード券面の撮影のみです。後はAppleと金融機関が全てを引き受けてくれます。また加盟店としてもAppleに手数料を払わなくてもいいビジネスモデルとなっているのです。

 

ではどこで課金しているのか?実はクレジットカードを発行してる会社である銀行が支払うのです。(詳しくは本筋と話が逸れますので今回は省略します)

 

この取引は開始後わずか3週間で劇的な成果を上げました。スーパーであるWhole FoodsではこのApple Payを通しての購入が15万件、薬局のWalgreensなどでは導入の10月以降のモバイルの利用が2倍になっているなどです。また最も顕著で具体的な例としては、マクドナルドのワンタッチ決済の50%がApple Payによるものだという事例でしょう。

それほどまでに需要が高く、便利な機能だという事ですね。

 

4.まとめ

 

・モバイル決済:スマートフォンなど消費者向けに提供されているモバイル端末を利用した決済の総称

・3種類のモバイル決済

プレゼンテーション1

現金主義の国と言われる日本。諸先進国の現金利用率が2割なのに対して、日本は6割と高い割合を誇っています。しかしモバイル決済という新たな選択肢により、この流れに終止符が打たれるかもしれません。現状セキュリティの懸念などはまだ残っていますが、NRIの「ITロードマップ 2015」によれば今後はウェアラブル端末を使った決済も主流になっていくとの見方もあるようです。

 

決済の変化とともに、支払いもより摩擦が少なくなっているのではないでしょうか。こうした観点でも今後の変化が非常に楽しみですね!