巨大ECも手が出ない!?今アツい世界のECサイト12選




 

“Biggest Selection in the Earth”というスローガンを掲げ、“地球最大の本屋”から“世界最大の小売企業”へと成長をしたAmazon。同社はあらゆるロングテール商品を取り揃えており、Amazonに行けば欲しいものがほぼほぼ手に入る世の中になってきました。

 

そうしたAmazonを目の前にして、規模を追求するECの時代は終わりを告げつつあると思います。

 

最近では規模よりも、ニッチなニーズに適切に答える専門性を備えた、新たなECが世界中で出現し始めているのです。彼らは伝統的な小売の美学である“商品に対する感性と物語”、そして”店主の人柄や評判”をECに織り込もうとしています。

 

Amazonや他の巨大ECが最高の品ぞろえを提供するのなら、新たなECは個人に最適なショッピングを提供していると言っても過言ではありません。

 

今回、そうした新たな潮流を切り開いている世界のECサイトを12個厳選しました!

新たな発見がきっとあると思います。

 

それでは見ていきましょう。

 

Club W

 

こちらはワイン専門のECサイトです。

このサイトで画期的なのは、ワイン専門のキュレーター(ソムリエのような人)が存在している事でしょう。このキュレーターが数あるワインの中からユーザーの好みに合わせて商品を絞り込んでくれるのです。

 

1

 

その絞りこみ方も独特で、Web上に掲載されている味覚テストの結果をもとに推薦されます

推薦されたワインを気に入れば購入できるシステムです。(Get Startedというところをクリックすると味覚診断が始まります。)

 

「何を買ったらいいかわからない」という理由からワインのECは厳しいとされていましたが、キュレーターを置く事によって、この課題を見事解決しました。

 

SEATGEEK

 

 

SeatGeek1

SeatGeekは複数のイベントチケット販売サイトを、横断的に検索・購入する事が出来るECサイトです。これまでチケットを取り扱うECは存在していましたが、「どのサイトが、どの席を、いくらで販売しているのか」が可視化されていませんでした。

同社最大の特徴は各サイトのチケットの座席を一つのマップで見れる事でしょう。これにより従来のブラックボックス化されたチケット販売のECから脱却しました。

またDealScore(下の図、右上の色がついた●)という同社独自のお得度評価制度を持っている事も非常にユニークでしょう。価格、席の場所、これまでのトレンドなどから考慮して、GreatDealsからBadDealsまでの5段階評価をしています。

SeatGeek2

 

チケットの横断検索や座席マップによって市場の透明化に成功した事に加え、お得なチケットの提案という新しい体験を顧客に提供したその功績は大きいでしょう。

 

それ故2009年の創業から極端なスピードで成長をかさね、14年の売り上げは3倍の1億5500万ドル、利益は前年比の2倍の2500万ドルに達しました。またチケットリセールの市場は50億ドルを超えるマーケット規模なので、まだまだ成長の見込みはあると思われます。

 

CARCURUS

 

CarCuRusは価格分析によるお得度評価や、各販売業者へのレビューをもとに、ベストバイな新車・中古車を探せるB2Cのマーケットプレイスを提供しています。

CarCuRus1

 

2014年、Amazonがトヨタ、ホンダ、日産など国内メーカーの軽自動車、コンパクトカーを200台ほど掲載し始めた事や、2015年3月にガリバーが中古車の通販に参入した事から、自動車のECに注目が集まっていますが、これらはあくまで中古車だけのECです。

 

しかしCarCuRusはユーザーに適切な新車と中古車の情報をお届けします。

動画やテキスト、レビューをがあるのでユーザーはよりお得度を詳しく知る事が出来ます。

 

ZOZI

 

ZOZIは旅先に特化したECサイトです。

各都市の現地発のツアーや、アクティビティ、現地で必要な装備などを提供する事を目的としています。

海外旅行をした時でも、現地のアクティビティに安心して参加する事が出来るでしょう。

 

Zozi

 

イベントの日時などの詳細を記載してあると共に、気に入ればそのイベントの参加申し込みをこのサイト上で完了する事が出来ます。

 

Wedding Wire

 

WEDDING WIREは結婚式に必要な“もの、人、場所”を顧客によるレビューを見ながら特注できる。結婚式のワンストップ・ネットモールです。

WEDDING WIRE

ブライダル会社はたくさんありますが、結婚式はプランナーさんの腕によって決まります。「全体的に満足だったけど、ヘアスタイルが、、。」など細かい所で満足度を下げてしまっているのが現状です。

 

しかしこのサイトでは、ケーキ、カメラマン、ソングなどウェディングに関するほぼすべての事ほぼすべて自分で決める事が出来ます

 

PIRCH

 

PIRCHは高級家具・設備を体験してもらう事で販売につなげるECサイトです。

店にあるキッチンでシェフが焼いたチキンを食べる事も可能ですし、最新式のシャワーも浴びて試す事も出来ます。

 

 

PIACH

 

「We are not here to sell you what we want, rather our focus is to guide you to discover and fall in love with the best products that best suit how you live.」

「私たちはあなたが欲しいものを売りたいわけじゃありません。むしろあなたの生活に最もフィットする製品を見つけ、そして気に入ってほしいのです。」

という同社の言葉が如実にこのサービスを表していると言えるでしょう。

LOVE WITH FOOD

 

LOVE WITH FOODはオーガニックなお菓子に特化したECサイトです。

オーガニック菓子の詰め合わせ定期宅配とECを主な業務としています。蓄積したリサーチデータによるマーケティングコンサルが同社の得意とするところでしょう。

LOVE WITH FOOD2

知らなかったオーガニックのお菓子を見つける事が出来たり、お菓子の詰め合わせを定期購買する事も可能です。

またこのサイトを通して恵まれない子供にお菓子をプレゼントする寄付活動も行っているようです。

 

大体2~3割ディスカウントしているのでお得にお菓子を買う事が出来ます

 

Craftsy

 

CRAFTSY

 

CRAFTSYはユーザーの趣味に特化したECサイトです。ここで売買されるのはモノではなく、知識やノウハウです

 

菓子作りや写真撮影、パッチワーク、絵画など個人の趣味をオンライン動画講座として提供する事が出来ます。

動画に連動したQ&Aも設けてあるので、ユーザーが納得いくまで質問できる環境になっています。

このサイトを使えばより趣味を楽しむ事が出来るでしょう。

 

 

BirchBox

 

BIRCHBOXは試供品コスメの詰め合わせが毎月届く化粧品のECサイトです。試供品を使ってみて気に入ったらサイトで購入する事が出来ます。

女性は月に20ドル。男性は月に10ドルの課金となっています。

 

BIRCHBOX

 

実際に試すことであったり、専門家の記事や動画を見る事でその商品の良さを確認した後に購入に進むことができるのは、ユーザーにとってかなりの魅力でしょう。

 

Redfin

 

Redfinは顧客による担当社員レビュー付きの中古物件仲介サービスです。

社員の給与は成約数でなく、ユーザーの満足度によって増減するというユニークな評価制度を持っています。

それ故、本当に良い顧客体験を提供していると考えられます。

 

 

都市名などで検索する事ができ、価格や場所をネット上で確認できることが出来ます。

実行してみて満足いかない事が非常に多いのが物件探しですが、Redfinを使えばそのような失敗を限りなく少なくする事が出来ます。

 

また同サイトを通して物件を売買する事で、大きなコスト削減につながる事も魅力と言えるでしょう。

 

Lofty

 

LOFTYは専門家の鑑定と値付けを受けた中価格帯の(1000ドル~)の美術品やアンティークのみを扱うECサイトです。

実際に受け取った後満足できない場合に備えて5年間の返金保証もついています。

LOFTY

 

ただのネットオークションは非常に多いですが、専門家が価格を判定しているのは稀でしょう。

 

またユーザーの観点で見れば、美術品などは劣化具合も気になるところだと思いますが、商品写真にカーソルを合わせるとその部分が顕微鏡になり、傷などを確認できるようになっているので、満足度の高いネットショッピングが出来るようになっています。

 

Shoptiques

 

Shoptiquesはアメリカ各都市やロンドン、パリなどにある小規模で魅力的な独立系ブティックの服を横断的に購入できるECサイトです。

 

SHOPTIQUES

 

同社は成長率とアイデアを見込まれ、AndreessenやY Combinatorといった有力VCから300万ドルを調達しています.

 

小さくてエッジの聞いたブティックを世界中からスカウトし、手数料と引き換えに、ECプラットフォームを提供しているのですが、ECサイトを運営する上での商品撮影や梱包、配送料、決済手数料などはShoptiquesが負担しています。

 

Shoptiquesの登録店数は1500を突破し、14年の売上は300万ドルながら、700%成長を遂げています。

また顧客を共有しているので、店舗が増えれば増えるほど売り上げが指数関数的に増えていく仕組みになっており、2015年の売上は2000ドルを見込んでいます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

Amazonや楽天といった巨大ECとはまた違う、ユーザーに最適なショッピングを提供しているECサイトが増えている事がお分かりいただけたでしょうか。

 

今後こうしたECサイトは拡大していくと思われます。彼らのユニークなアイデアにこれからも着目していきたいところです。

 

(参考:Forbes JAPAN 2015/12,NOMOOO