1.転職を前提としないキャリア相談を歓迎しています

career

キャリアの相談をしたいのだから、その解決が転職というソリューションにだけ閉じられてはいけない。私たちはそう考えています。当サービスを運営している「スローガンアドバイザリー」という会社名も、「転職エージェント」という転職に閉じられた役割ではなく、広くキャリアのアドバイザーとして、キャリアのご支援がしたいという気持ちが込められています。

実際にキャリア相談の結果として、現職でのモヤモヤが吹っ切れて社内表彰されるほど活躍された方もいらっしゃれば、いつ起業すればいいのか、と一緒に考えた結果、投資家の方をご紹介し、実際に起業された方々もいらっしゃいます。もちろん、ご転職活動の相談も歓迎です。キャリアの未来像を一緒に考えながら、いまある最善の選択をいただけるよう、ご支援させいただきます。

2.ご紹介するベンチャー企業を厳選しています

Selection Criteria

私たちがご紹介できる企業数はあまり多くありません。未来を担う才能だからこそ、重要な課題に向き合って欲しい。だからこそ、GoodfindCareerでは、企業選びにとことんこだわりました。将来有望な市場からしか未来のビジョナリー・カンパニーは生まれない。その考えのもと、人口動態や先端技術などから、今後高い成長率が期待できる市場を選定しました。政府が発行する統計レポートや、海外を含む主要ベンチャーキャピタルのポートフォリオを調査し、選出しています。

市場立地が良いからといって、勝てる企業とは限りません。マーケットでのポジションや、ビジネスモデル、参入障壁のつくり込み方など、「勝てる理由」をもつ企業に絞りました。その結果、GoodfindCareerに掲載したいという企業様は多くいらっしゃるのですが、大半のお客様はお断りすることにしました。

勝てる企業だからといって、キャリアにとっても良い会社とは限りません。そのため、少し手間がかかってしまいますが、経営者のお人柄や、社員の方々の雰囲気、カルチャーなど見えづらい部分まで会社に直接訪問し、自信をもってご紹介できる企業様のみをご提案しています。

3.ここにしかない求人がある理由

Recruitment process
Recruitment process

採用ポジションや「求人票」が、採用情報として流通するまでには、いくつかのプロセスが必要です。会社の経営戦略から、組織の人員計画が立てられ、人員計画を具体的な採用ポジションに落とし込んでいきます。そういったプロセスを経て、求める能力や採用像といったものが「募集内容」として、みなさまの目に触れることになります。ですが、ベンチャー・スタートアップの経営者の方々は、はじめての起業といったケースも多く、「誰を採用したらいいのか分からない」という状況であることがほとんどです。

私たちは、ベンチャーの経営陣と経営戦略や事業計画を共有しながら「誰を採用するべきか」を一緒に考えることで、企業の採用ページにもまだ言語化されていないような求人情報を取り扱うことができます。みなさまとお会いする弊社メンバーも、皆が直接、企業の経営陣の方々と相対しているメンバーです(大手転職エージェント様の場合、企業担当と面談担当が別れています)。ですので、通常は求人情報になるまでに削ぎ落とされてしまう、より経営に近い情報もご共有させていただきます。